青汁を美味しく飲むコツ

青汁というと「まずい」というイメージがあるかも知れません。

健康のためにはまずくても続けなければいけないと考える人さえいます。

確かに、まずくてとても飲めないという商品はあります。

しかし、最近販売されている青汁は種類も増えてきて、とても飲みやすい商品も多くなっています。

青汁独特の雑草のような青臭いにおいがほとんどしないものもあります。

私は小袋に入った粉末タイプのものを飲みますが、水で溶かして飲んでも決してまずくはありません。

しかし、さらにおいしく飲むために、牛乳で割って飲むことをお勧めします。

初めに少しお湯を入れて、粉末をよく溶かしてから牛乳を入れるようにします。

そうしないとだまになってしまうからです。

牛乳で割るとミルクセーキのような感覚で飲むことができますので、子どもたちでも嫌がらずに飲むことができるかもしれません。

いくら健康に良くてもまずくては続けること自体がストレスになってしまいます。

ストレスによって却って健康を害してしまっては意味がありません。

おいしくて体に良いとなれば続けやすくなります。

自分の味の好みに合った商品を探してみるとよいでしょう。

おいしいものを飲んで健康になれれば言うことなしですよね。

青汁でまさかの発毛効果

まだまだ若いと言われる年齢なんですが、以前から徐々に髪が薄くなっているのではないかと不安に駆られていました。

理由はごく単純で、至る所で抜け毛が見かけられることと、お風呂上りに髪が薄くなっている感じが見られるからです。

ここまで来ると脱毛が起きているのは明白であり、そして何らかの対策をしなければならない、そう考えるようにもなっていました。

ですが重いとは裏腹に何もできずにただ時間だけが過ぎ去ってしまい、そしてそうしたときに健康に良い青汁を飲んでみてはと知り合いから勧められました。

実際もうどこかで諦めてたということもあり、またどうせ効果なんて見られないとさえ考えてましたけど、試すくらいならいいかなと青汁を飲む決心をしたんです。

だけど正直あまり進んで飲みたいという味わいではありませんでした。

取り敢えずは日課として飲むようにはしていましたけど、だけど何だか抜け毛が減っているんじゃないかと思うときがありました。

まあでも偶然とか気のせいで片付けていましたけど、期待すると悲しいだけだと思い続けて青汁を飲んでいましたら、本当に発毛までしていることに気が付き、まさか青汁にそんな効果があるとは思いもせず今もフサフサを目指して飲み続けています。

青汁は美味しい

青汁は健康には良いけど、味はちょっと……。

そんなイメージを持っている人は、多いと思います。

健康にはとてもいいけど、青臭く、苦く、とてもごくごく飲めるものではない。

そういうイメージはわかります。

どこで植え付けられたイメージなのかはわかりませんが、とにかくそういうイメージはありますよね。

しかしタイトルでもう答えは言ってしまっているんですが、青汁は美味しいです。

美味しいかどうかというのは個人の感想ですので、全人類が美味しく飲めるか、と聞かれるとそうではないとは思いますが、少なくとも私は青汁をお茶のような存在として受け取る程度には美味しいと思っています。

苦味を薄くしたお茶。

こういったイメージですね。

勿論商品によってそのイメージは違うものになるとは思いますが、私が飲んできた幾つかの青汁は全くそういうことはありませんでした。

むしろ飲みやすく美味しいというイメージが強いです。

とにかくここで主張したいのは「青汁は美味しいぞ!」ということ。

さらに健康にも良い……と、こちらは周知の事実ですね。

野菜を凝縮したような栄養素や効果が青汁にはあります。

健康にとてもよく、味自体もとても美味しい。

青汁は素晴らしい飲み物です。