様々な種類がある青汁

青汁を日々の健康管理に役立てているという方は多いかもしれませんが、そういった方の大半が利用しているのは入手しやすく保存も効く粉末タイプの青汁ではないでしょうか。

中には粉末タイプの青汁しか存在を知らない方も多いかもしれません。

しかし、市販されている青汁というのは粉末だけでなく実に様々なタイプがあるのです。

粉末以外の青汁の中で、一番栄養価が高いのは冷凍青汁です。

これは、新鮮な野菜のフレッシュさを冷凍することでしっかりとキープして、野菜の味をしっかりと楽しめるという青汁です。

栄養価も生の青汁に近いレベルで残っていて、粉末青汁のような乾燥の工程で壊れて消えてしまう栄養素も含まれています。

粉末と似たような形になりますが、フリーズドライの青汁というのもあります。

作った青汁を急速冷凍させて水分を飛ばすことで、新鮮さを保持したまま青汁にするのですが、こちらも乾燥青汁よりも栄養価が豊富で、加熱処理していないので加熱で壊れやすい栄養も摂れます。

他のタイプですとジュースタイプもあります。

こちらは野菜ジュースなどと混同されやすいのですが、あながち間違いとも言えません。

手軽に摂れるのですが、栄養価は他の種類に比べて低いので栄養補給などを考えるのであれば、あまり利用することはないでしょう。

他にも様々なタイプがありますから、色々と探して見て自分に合う青汁を探して健康に役立ててはいかがでしょうか。

青汁の効果を高める飲み方知っていますか?

 青汁は体に良いことで有名ですがその飲み方によって効果と目的が異なることを知っていますか?折角、体に良いことをしているのですから効率良く青汁を取り入れてみませんか? まずはじめに青汁は野菜不足を補うだけでなく、栄養価も優れていて食物繊維も豊富で本当に優れた健康飲料と言えます。

だからといってたくさん飲んでしまうのは注意が必要です。

あまり飲みすぎてしまうと食物繊維の力でお腹がゆるくなってしまうので気をつけましょう。

包装パッケージの一日の摂取量を目安に飲みましょう。

さて一日の飲む量に注意して効率よく青汁を飲みましょう。

朝起きたばかりの体は栄養を吸収しやすく、栄養補給に最適です。

体に栄養素をと考えている人は朝、起きたての一杯として青汁を摂取しましょう。

次に食事前に青汁を飲むとダイエット効果があると言われています。

食物繊維でお腹が膨れるので暴飲暴食を防ぎ、血糖値上昇を抑えるためエネルギーを脂肪に変えてしまうのを防ぎます。

よくダイエットで「野菜から食べる」というのを聞いたことありませんか?なんと青汁で同じ効果が期待できるわけです。

また青汁には便秘解消の改善にも効果がありますが、就寝前に飲むのは避けましょう。

効果が高く腸が活発に動いてしまうため人によっては圧迫感を感じることがあり、睡眠の妨げになります。

いかがでしたか?栄養補給なら朝目覚めたすぐあとに、ダイエット目的なら食前に、便秘改善には就寝前を避けてと、自分の目的にあった青汁生活を目指しましょうね。